●基礎知識/石の材質や大きさ等級などにより違いがある

「お墓を探しに行きたいけど、まずは何をしたら良いのかわからない」という人もきっと多いことでしょう。
そこでまずお墓の基礎知識を勉強して、実際にお墓まで足を運んでみると良いでしょう。 石材を購入する際には、サンプルと実物とでは大きく見た目が異なりますのでご注意ください。
まずは必ず自分でお店に足を運んで確認をして、予算に応じた現物を見てから決めましょう。お墓には石の材質や大きさ、また等級などによって大きな違いがあります。
価格は、数十万円から、非常に高価なタイプで一千万円以上するものまで用意されています。

 

お墓で使用をすることとなる墓石というのは、加工量はもちろんのこと、お墓を建てるところまで込み込みとなっているケースがほとんどです。
加工や彫刻などによって価格が違ってくることもあり、花立てや香炉、また塔婆立てなどそれぞれに費用がかかります。



●基礎知識/石の材質や大きさ等級などにより違いがあるブログ:18-7-18

家庭において一番大切なことは、
子どもの豊かな心を育てることなのではないでしょうか。

それには
父母からの精一杯の愛が必要だと思います。

子どもが泣くのは、自分を見て欲しいからです。
愛されていることを確認したいのです。

何度泣いても、どんなに求めても
相手にしてくれなければ、子供も学習し、
あきらめてしまうことでしょう。

子どもの求めることに、
ゆとりをもって聞いてあげる。
すると子どもの心は満足し、情緒が安定するのです。

子どもが何かしてくれた時は、
顔を見て心をこめて
「ありがとう。上手にできたね」と感謝して、
褒めてあげたいものですね。

忙しさにかまけて、
顔も見ずに「サンキュー」と云っていないでしょうか。

向かい合ってやさしく笑顔で云うのと、
3秒も違うでしょうか。

大好きなお父さんや母から
感謝され、褒められて、
母はどんなに喜び安心することでしょう。

他人が幸せなら共に喜べる心を養ってあげたい。
くちで云うだけで、父母がそうした姿を見せなければ、
子どもはわからないでしょう。

だから父母は大変です。
でもこうやって、おれたち父母も成長できるのです。

子どもと共にいろんなことを経験したり、
子どもを通じてたくさんの素晴しい人とめぐり逢ったり、
子どもが依存してくれるからこそ、
自分の存在価値が大いに認められる…

おれたちは育児しながら育自して、
何と人間的に成長させてもらえるのでしょう。

そして何より、
こんなにも「愛しい」という想いを持てることの素晴しさ。

こんなにも父母にたくさんの宝物を与えてくれて、
子どもは父母離れをするまでに
父母孝行はしてしまっているのかもしれませんね。