●基礎知識/新しいお墓へ移して埋葬し直すことを改葬

「自分にはお墓なんて関係ない。いつか適当に買えばいいや」なんて間違った考え方をしていたりしませんか?
お墓を適当に買ってしまうと維持費や管理に問題が発生してしまうこともあるので注意が必要なのです。 改葬をするためには様々な要点に注意する必要があり、遺骨の収蔵量、また同様の宗派のお墓を建てることが可能なのかを確認しましょう。
そして今現在の墓地の管理者には、改葬のことを話しておき、埋蔵証明書の発行をもらっておきましょう。「故郷にお墓はあるけど戻らないし、お参りに行くのも大変なので住まいの近所に欲しい」とお墓を移したい人も多いでしょう。
遺骨を既存のお墓から新しいお墓へと移して、埋葬し直すことを『改葬』と言います。

 

もし改葬を希望されるのでしたら、各市町村の役場で、その許可を受理してもらう必要があります。
しかしそのためには遺骨を移す新しい墓地を予め決めておく必要があります。



●基礎知識/新しいお墓へ移して埋葬し直すことを改葬ブログ:19-2-03

シェイプアップにチャレンジしている人の中には、
定期的にジョギングをしているという方も少なくないでしょう。

ジョギングというと、
一見、あしの運動になっていると思われがちですが…
ジョギングというのは、うでの筋肉や背筋、腹筋といった
体質全体の筋肉の運動につながっています。

だからこそ、高いシェイプアップ効果が期待できるのです。

しかしジョギングによって
体質全体を効率よく動かすためには、
正しいフォームで走るということを、心がけなくてはなりません。

フォームが間違っていると、
せっかくのジョギングの効果も半減してしまう場合があります。

まずは、うでの振りについてです。

ジョギングをしている人の中には、
うでを大きく振り過ぎたり、
肩をいからせて走っている人を見かけますが、
いずれのフォームにしても、
うでの付け根にある肩甲骨を
効率よく動かすことができなくなってしまいます。

ジョギングは、上半身と下半身が連動することによって、
効率よく走ることができます。

ところが悪いフォームで走っていると、
体質の連動がうまくいかずに、走りの効率を悪くしてしまうのです。

また、
あしの運び方をチェックしてみると、
ヒザの部分があしを踏み出すときに、
やや回転をして出している人がいます。

この走り方をしていると、
ヒザに負担がかかり、怪我をしてしまう恐れがあります。

あしを前に出すときには、
まっすぐ出すということを意識して、
走るように心がけましょう。

正しいフォームを身につけてから、
長距離を走るようにしないと、
シェイプアップ効果が期待できませんよ!