ここでは寺院のお墓についてご案内しています。

●基礎知識/寺院墓地の永代使用料や管理料


●基礎知識/寺院墓地の永代使用料や管理料
全国に霊園やお墓が数多くありますが、それらすべての施設が良い環境とは言えません。
長い期間保存をするお墓なのですから、環境面と管理面について事前にしっかりと把握しておくようにしましょう。 どんなお墓でも永代使用料が必要となりますが、寺院のお墓の場合は、一般的なお墓よりも割高傾向にあります。
お墓を購入する際には、入檀家志納金を納める必要なケースもあり、費用の面では大きな負担となります。寺院のお墓は、宗教法人が管理と運営をしている民営のお墓のことを言います。
お寺の境内にある墓地、また境内以外の場所に設置されている墓地とに区別出来ます。

もし寺院のお墓を利用したいと考えているのでしたら、その寺院で決められた檀家になることは必須です。
ただし寺院のお墓の中には境内の墓地を檀家向けの墓城、そして一般向けの宗派不問の墓城に区別される場合があります。




- 注目サイト -

賃貸事務所のコツ
URL:http://new-of-search.jp
賃貸事務所


●基礎知識/寺院墓地の永代使用料や管理料ブログ:18-11-14

母が亡くなってから
父親とわたしは二人暮し。

父親と母とお兄ちゃんとわたしの四人家族のうち、
父親とわたしの仲はすこぶる悪い。

お兄ちゃんが結婚を機に家を出て、母が急逝して、
一番仲の悪い二人が残されて暮らすことになってしまった。

四人で暮らしていた頃は
母やお兄ちゃんが緩衝作用をしてくれて摩擦は避けられていたが、
二人きりになってからというもの
険悪さは赤裸々になっていった。

お互い、物静かな性格だから
取っ組み合いや言い争いなどはしない。

ひたすら無視しあうばかりの冷戦となる…
陰湿なことこの上ない。
どうしても伝達が必要な場合は筆談や、
メモを置くということになる。

「お前の言い分もわかるけれど、お前の半分はお父さんなんだよ」
お兄ちゃんがぽつりと電話越しに言った。

「お前が嫌っているお父さんは、お前の半分なんだよ。
それにおれの半分でもあるんだよ。自分の半分を嫌って気持良いか?
おれの半分は嫌いか?」

わたしの半分は父親。
大好きなお兄ちゃんの半分も父親。
父親を嫌うことは、自分の半分を嫌うこと。
父親をののしることは、大好きなお兄ちゃんの半分もののしること。

「お父さんにもっと優しくしてやれよ。おれのお父さんでもあるんだからさ」

お兄ちゃんにそう言われて、
心の奥の奥で凝り固まっていた何かが
すっと溶けたような気がした。

父親に優しく言葉をかけたら、
わたしの半分も優しくされたようで気持良い。
わたしの半分が喜んでいる。

父親を大切にすることは自分自身を大切にすること、
大好きな家族を大切にすることなんだ!

親と子ども、この不思議なつながりを大切にしたいと思う。
そうして父親との暮らしを丁寧に重ねていきたい。
●基礎知識/寺院墓地の永代使用料や管理料

●基礎知識/寺院墓地の永代使用料や管理料

★メニュー

●基礎知識/お墓の定義や埋葬等に関する法律
●基礎知識/大別して「和型」と「洋型」がある
●基礎知識/お墓参りはお墓をきれいにすることから始まる
●基礎知識/大きく公営墓地と民営墓地の2つに分けられます
●基礎知識/寺院墓地の永代使用料や管理料
●基礎知識/新しいお墓へ移して埋葬し直すことを改葬
●基礎知識/たくさんの遺骨収容スペースが設けられたもの
●基礎知識/生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」と言う
●基礎知識/お墓と一口に言ってもさまざまなお墓がある
●基礎知識/石の材質や大きさ等級などにより違いがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)意外と知らない!?お墓知識