ここではいろいろあるお墓の形についてご案内しています。

●基礎知識/大別して「和型」と「洋型」がある


●基礎知識/大別して「和型」と「洋型」がある
中途半端なお墓の知識を持ってお墓探しをしてしまうと、結局はお墓選びに失敗してしまい後悔してしまうことになります。
お墓探しをする時にはそのお墓を実際に利用していることをイメージして慎重に決めるようにしてください。 これまでの風習に影響されることなく、新型タイプのお墓が裕福層を中心として人気となっています。
とっても個性的なニューデザインタイプと言われる様々な形の墓石が発売されてきているのです。最近の墓石の形は、大別して「和型」と「洋型」に分けられ、洋型の主流はストレート型とオルガン型となります。
さらにストレート型もオルガン型も二段型と三段型に区別をすることが出来ます。

お墓にはいろいろな形から選ぶことが出来るようになっていますが、特に二段型が代表格と言ってもいいでしょう。
そして三段型におきましては、竿部と洋台部の間に中台部のある墓石のことを言います。




●基礎知識/大別して「和型」と「洋型」があるブログ:18-8-08

皆様
ぐっども~に~んんん(テンション低ぅ

「3歳でめがねをかけるのかあ…」
ため息をつきながら、幼い息子の手をひいて
眼科指定の眼鏡店に向かったのは、かれこれ4年前のことです。

息子は生まれつき片目の視力の発達が悪くて、
眼鏡治療をすることになったのです。

その時、ぼくの頭にあったのは、
「めがねをかけるとかわれるだろうなあ」
という思いでした。

実際、近所の悪ガキどもには、いろいろ言われました。
メガネザルはもちろん、のび太、とか、おいメガネ、とか…

でも眼鏡治療のかいあって、
息子の視力は無事に発達してきました。

最初は我が子がめがねをかけることに抵抗があったぼくですが、
めがねのおかげで学びんだこともあったし、
いろいろ面白い体験もしたなぁと思っています。

1個目のめがねは、息子が公園で遊んでいる時に、
他のお子さんとおでこをこっつんこした拍子に、
真ん中でぱっきり二つに折れてしまいました。

痛いのとめがねが壊れたのがショックで泣きじゃくる息子、
4万円もするめがねを買い替えねばならないことをとっさに考えて、
ボー然とするぼく。

あの冬の夕方の光景は忘れられません。
でも決して嫌な思い出ではないのです。
どちらかというと「クスッ」となる思い出で、
よくできたコメディ・タッチの映画の一場面のように心に焼き付いています。

その後作った2つ目のめがねは、
ある日ちょっとはずして公園のベンチに置いたのが紛失し、
1ヶ月後ベンチ脇の砂場から出てきました。

多分、よそのお子さんが、
「ちょっと困らせてやろう」ぐらいの
イタズラ心で砂に埋めたのだろうと思います。
まさか4万円もするめがねだとは思ってもみなかったんでしょうね…

今日は、ここまで。


●基礎知識/大別して「和型」と「洋型」がある

●基礎知識/大別して「和型」と「洋型」がある

★メニュー

●基礎知識/お墓の定義や埋葬等に関する法律
●基礎知識/大別して「和型」と「洋型」がある
●基礎知識/お墓参りはお墓をきれいにすることから始まる
●基礎知識/大きく公営墓地と民営墓地の2つに分けられます
●基礎知識/寺院墓地の永代使用料や管理料
●基礎知識/新しいお墓へ移して埋葬し直すことを改葬
●基礎知識/たくさんの遺骨収容スペースが設けられたもの
●基礎知識/生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」と言う
●基礎知識/お墓と一口に言ってもさまざまなお墓がある
●基礎知識/石の材質や大きさ等級などにより違いがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)意外と知らない!?お墓知識