ここでは生前のお墓についてご案内しています。

●基礎知識/生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」と言う


●基礎知識/生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」と言う
いつどのタイミングでお墓を探しに行くのか人それぞれですが、知識を持たないままお墓を訪れるのは危険です。
大切なのは必要最低限の知識を勉強して、お墓管理者の話を聞くということなのです。 そもそもお墓自体は非課税財産として区分されますので、相続をする際の課税対象外になります。
墓地の取得につきましては土地の売買とは異なっており、不動産取得税や固定資産税などはかかりません。生前にお墓を建てることを「寿陵」と言い、年々寿陵を選ぶ人が増えてきています。
寿陵というのは、古来から「長寿」「子孫繁栄」「家内円満」の3つの徳とされており、長寿を授かるものと言われています。

今では全体の7割以上が寿陵によってお墓を求めている傾向にあります。
また寿陵というのは金銭面でもお得になりますので、多くの人に注目がされている方法となります。




●基礎知識/生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」と言うブログ:18-9-18

大人とお子様とでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
お子様にとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
お子様が食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

お子様のご飯においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

お子様が摂取する穀物の多さこそ、
お子様の脳の発達を促すことになるのだ。

母としては、
お子様の栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
母が大量におかずを作ってしまうと、
お子様は穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカなお子様が育ってしまうのである。

お子様には日本の伝統的なご飯で充分。
ごはんに味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢なご飯を出していては、
お子様はバカになるだけ…

お子様というのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけ体も脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人はお子様みたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
お子様はそうはいかないのである。

●基礎知識/生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」と言う

●基礎知識/生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」と言う

★メニュー

●基礎知識/お墓の定義や埋葬等に関する法律
●基礎知識/大別して「和型」と「洋型」がある
●基礎知識/お墓参りはお墓をきれいにすることから始まる
●基礎知識/大きく公営墓地と民営墓地の2つに分けられます
●基礎知識/寺院墓地の永代使用料や管理料
●基礎知識/新しいお墓へ移して埋葬し直すことを改葬
●基礎知識/たくさんの遺骨収容スペースが設けられたもの
●基礎知識/生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」と言う
●基礎知識/お墓と一口に言ってもさまざまなお墓がある
●基礎知識/石の材質や大きさ等級などにより違いがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)意外と知らない!?お墓知識