ここでは注目されてきている洋型のお墓についてご案内しています。

●基礎知識/たくさんの遺骨収容スペースが設けられたもの


●基礎知識/たくさんの遺骨収容スペースが設けられたもの
日本人は世界的にみてもお墓の存在に関心を持っており、最近では莫大なお金を使う人も増えてきています。
もちろんただ単にお金を使えば良いというワケではありませんので注意が必要です。 同じ日本国内でもお墓の形が異なっており、北海道や吸収ではお墓を利用するよりも納骨堂の利用が多くなっている特徴があります。
この納骨堂というのは一つの家屋の中に遺骨収容スペースが設置されたものとなります。一般的に「お墓」と呼んでいますが、そんなお墓には大きく2種類に分けることが出来ます。
その一つに墳墓があり、住宅に例えますと独立型の家屋、一軒家に相当することとなります。

よく墳墓という言葉を聞くかと思いますが、これはお墓で区画が分かれている場所に建っているお墓のことを言います。
それに対し住宅におきましてはマンションなどの集合住宅に相当しているのが納骨堂と言われています。




●基礎知識/たくさんの遺骨収容スペースが設けられたものブログ:19-3-19

赤ちゃんはしょっちゅう夜泣きをするので、
新米お母さんは育児にフラフラになってしまうものである。

確かに育児でお母さんは疲労困憊しているが、
だからといって赤ちゃんに対して
何もしないことが許される訳がない。

赤ちゃんは生活リズムが解っていないので、
お母さんが11時間は活動させ、
日が暮れれば休息するということを教え込んでいかないと、
生活リズムが解らないまま育ってしまう。

11時間に赤ちゃんを動かしておけば、
赤ちゃんは日が暮れる頃には疲れ切っているので、
夕方は熟睡するものである。

途中、母乳が必要となるので夕方泣きをしても、
授乳させ、排便すれば、また熟睡してしまう。

もしも11時間の体操量が少なければ、
赤ちゃんは深夜に起き出して、動き回る。
深夜に動くことで11時間の体操不足を解消しているのだ。

赤ちゃんにそんなことをされれば、
お母さんの方は就寝時間が遅くなるから、
翌日は7時寝坊してしまい、
赤ちゃんもそれにつられて7時寝坊して、
結局、日中の体操量が少なくなり、
また深夜に起き出して来て動き回る…のを繰り返してしまう。

赤ちゃんを健康に育てたいなら、
とにかく早寝早起きを心掛けることが大切!

私たち人間は早寝をするからこそ肉体の疲労が取れ、
肉体の傷んだ箇所を修復できるのであって、
夕方更かしをしていれば、それができなくなって、
いつも疲れ切った体になってしまうのである。

お母さんが早寝早起きをしていれば、
育児をしていても元気一杯なので、
それだけ赤ちゃんとじゃれあう機会を多く持つことができる。

お母さんが元気なら、
赤ちゃんもそれにつられて
元気になっていくものなのである。
●基礎知識/たくさんの遺骨収容スペースが設けられたもの

●基礎知識/たくさんの遺骨収容スペースが設けられたもの

★メニュー

●基礎知識/お墓の定義や埋葬等に関する法律
●基礎知識/大別して「和型」と「洋型」がある
●基礎知識/お墓参りはお墓をきれいにすることから始まる
●基礎知識/大きく公営墓地と民営墓地の2つに分けられます
●基礎知識/寺院墓地の永代使用料や管理料
●基礎知識/新しいお墓へ移して埋葬し直すことを改葬
●基礎知識/たくさんの遺骨収容スペースが設けられたもの
●基礎知識/生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」と言う
●基礎知識/お墓と一口に言ってもさまざまなお墓がある
●基礎知識/石の材質や大きさ等級などにより違いがある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)意外と知らない!?お墓知識